イギリスの車検、一年に一度のMOTに無事合格

先週金曜日の朝、The Ministry of Transport Test、通称MOTと呼ばれるイギリスの車検を受けてきました。無事に合格したので、一安心。

このMOT、新車の場合、最初の3年間は免除になります。4年目より毎年更新が必要、つまりMOTに合格しなければいけません。

日本の車検とは大きく異なります。日本だど、定期点検整備と検査をディーラーや整備業者が一括してやってくれる、言われる「ディーラー車検」「代行車検」が多いと思います。イギリスの場合、このディーラー車検・代行車検もあるようですが、だいたいの人は、直接自分で検査場に車を持って行き、検査を受けるパターンが多いです。

でもこの検査場での検査は非常にシンプルで、あくまでも、公道を走る上で最低限の基準を満たしているかどうかのテストのため、車の隅々まで点検してくれることはありません。そのため、MOTとは別に、自動車整備専門のGarageで、定期的に車の整備を受けたほうが良いと聞きます。

私は、現在の車に乗って3年目。中古で買いました。私にとっては、3回目のMOT。今だに年に一度のことで、前日は、少し不安になります。

MOTの期限が切れる1ヶ月ほど前に、丁寧にReminderの手紙が送付されます。そこで、早めにオンラインで予約をします。北アイルランドには、検査場が何箇所かあるので、自分の希望の場所、時間帯を選んで、予約するだけ。あとは、当日、その検査場へ行くだけです。私の場合、勤め先に一番近い、Mallusk検査場で受けています。

http://www.nidirect.gov.uk/mot-and-vehicle-testing

MOT1

この日は、私の予約は朝の8時05分から。早く着きすぎて、10分ほど待っていました。

実は、この3年間、一度も定期検査をしてもらっていなかったので、今年は、MOTの1週間前に、ベルファスト市内の評判の良いGarageで、MOT前の簡単検査を受けていました。なので、MOT当日は絶対合格する自信があったものの、その場にいると不安になるものです。

以下の写真は、私の車ではありません。でもこんな感じで、検査をされます。その間は、椅子に座って、検査が済むのを待ちます。

MOT2

待っている間、私の隣に座った、紳士な感じのアイリッシュのおじさんとおしゃべりに花が咲きました。「やっぱりどうしても不安になるね、試験の結果を待っている学生に戻ったみたいだね」という会話から、私がどうしてベルファストに来たのか、という身の上話にまで発展。

話に夢中になっていると、私の車を担当してくれた検査官が、合格書を持ってきました!合格していると、この合格書を持ってくるので、すぐわかります。検査官が合格書とは違う紙を持ってくると、残念、不合格・・・

「 I passed!」と無邪気に叫んでしまいました。このおじさんも、「Well done」と言ってくれました。これで、また1年、MOTのことは心配せずに車の運転ができます。

MOTが終わり、職場に着いたのは、朝の8時30分ごろ。本当に、「こんな簡単でいいの?」と思うぐらいシンプルな車検です。

MOTの様子がわかるビデオを見つけましたので、参考までに。

Happy Driving!


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です