ベルファストのタイタニック地区を散策

先日、お天気が良かった日に、散歩を兼ねて、ベルファストのTitanic Quarter(タイタニック地区)まで、歩いて行きました。

タイタニック地区は、海を挟んだ対岸にあるため、私たちの住むフラットからは、橋を渡って行く必要があります。

フラットの窓から見れば、すぐそこにあるのですが、橋を渡って、歩いて行くと、結構思った以上に遠く、距離があります。でも、片道30分もあれば行けるので、私にはちょうどよい散歩コースです。

なぜタイタニック地区という名前が付いているのでしょうか?

それは、ベルファストはもともと造船で有名で、かのタイタニックを造った場所だからです。

今では、Titanic Belfastというタイタニックの歴史を展示しているアトラクション(ミュージアム)もでき、世界中から観光客が訪れています。

こちらが、そのミュージアム。少し変わった外観が、一際目立ちます。

Titanic Belfast
Titanic Belfast

さて、テクテクと歩き、対岸につくと、先日紹介した、City Quays1 が、こんな感じで見えました。

City Quays1タイタニック地区からの眺め
City Quays1タイタニック地区からの眺め

 

そして、さらに、海沿いをテクテク歩くと、比較的新しいマンションが並んでいます。

Titanic - Dock Cafe
Titanic – Dock Cafe

お目当ては、ここにあるカフェ、The Dock Cafe

今回が2回目の訪問です。

Dock Cafe Belfast Titanic
Dock Cafe Belfast Titanic

このカフェ、ちょっと変わっていて、おそらくどこかの教会のチャリティとして運営されているようなのですが、すべてボランティアの方で運営されています。

なんと、メニューは、コーヒーと紅茶、そしてスコーンなどが少しあるだけで、食事メニューはなし。

すべてに値段がなく、「Honesty Box」という集金箱に、自分が払いたいだけの額を寄付として払うんです。

つまり、払う必要もないわけなんですが。

これって、戸惑いました、最初は。でも、善意、ということなので、本当に、気持ち分、コインを入れておくことにしています。

で、こんな感じなので、コーヒーが美味しくないのかな、と思うと違って、かなりしっかりとした、美味しいコーヒーを出してくれるんです。

さらには、自分で食べ物を持参して、そこで食べてもよいんです!ランチ持参もOKなんですよ。

Titanicミュージアムの帰りにふらっと立ち寄ったと思われる観光客風の外国人もいましたし、サイクリングの途中で休憩しているグループもいました。

私のように、本持参で、コーヒー1杯で長時間粘るお客さんもいました。

かなり居心地がいいカフェです。

無料のwifiもあるようです。

天気の良い日に、また来たいと思います。

 

 


2 Comments

  1. weebirdie said:

    新しい!!そんなカフェあったんですねぇ。タイタニッククウォーターあんまり行かないので、知りませんでした。タイタニックミュージーアム周辺はなんだかまだ広々していて、天気のいい日の散歩にはいいですよね。

    10/11/2014
    Reply
    • hellosunshine hellosunshine said:

      ちょっと変わっていて、面白いカフェですが、タイタニックミュージアム周辺は、まだ閑散としていて、寂しいです。オフィスも増え、カレッジもあるから、もっと店も増えていいものなんですが。シティセンターから少し遠いから、わざわざここに来る人は少ないのかな・・・

      11/11/2014
      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です