イギリスのNHSで、子宮頸がん検診を受診しました

先月10月にGPで受診した、NHSの無料子宮頸がん検診の結果が郵送で届きました。

大丈夫と思っていても、封筒を開封するときは、ちょっとドキドキするものですよね・・・

でも、何事もなく、「We wish to inform you that the result showed no abnormality and you will be reviewed again routinely in three years.」ということで、安心安心。

子宮頸がん検診は、cervical screeningと言いますが、smear testとも言われます。

イギリス在住のみなさんは、GPに登録をし、25歳から49歳までは、3年ごとに、50歳から64歳までは5年ごとに、無料で検診を受けられます。また、その年が来たら、定期的にGPより、「検診をしましょうね」という手紙が郵送で届きます。

私は、今年の3月ぐらいにその案内を受理していましたが、ロンドンで働いている間は、ロンドンでGPに登録をしていませんでした。

そのため、9月にベルファストで長期休暇を取った際に、受診したかったのですが、予約がいっぱいで、タイミングを逃していました。

結局、先月、ベルファストに永久的に戻ってきてから、ようやく予約を入れ、検査をしてきました。

しかし、最初の手紙を受理してから、長い間ほっておいたので、ご丁寧にも、「まだ受診していませんよ」というフォローアップの手紙も受理していました。

予約は電話1本で済むのですが、それでも、無料だからか、または、一日の検診の数が決まっているのか、なかなか希望の日時の予約を取れません。

これ以上延ばすのも、なんだか嫌な感じがして、先月電話をした際には、「なんとかx日にしてください!」と強くお願いしました。そしたら、すんなり、その日に予約を入れてくれました。

さて、当日は、何事もなく、さらっと簡単に検診終了。ちょっと痛いですが、怖いことはありません。

「結果は約3週間ほどかかります」ということで、以下のコピー用紙をもらいました。汚く、かつとってもシンプルなコピー・・・もうちょっと小綺麗なパンフレットでもありませんかね・・・

2014-11-06 11.50.16

さて、結果は、3週間ではなく、2週間で届いたので、思った以上に早かったです。

婦人科系の検診は、女性ならやはり定期的に受診しておきたいところです。イギリスにいる方は、無料ですから、面倒に思わず、必ず受診されることをオススメします。

 


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です