ランゲージエクスチェンジを始めて約1ヶ月

先月から始めたランゲージ・エクスチェンジ。(前回のランゲージ・エクスチェンジについてはこちら

現在、3人のスペイン語のパートナーと週1回約1時間、スカイプで話をしています。

簡単に私のパートナーについて書きます。

 

バレンティナさん:

彼女は、イタリア人とペルー人のご両親を持ち、ご主人と3人の子どもとロンドンで暮らしています。ご主人はなんと北アイルランド出身の方です。

彼女の日本語が私のスペイン語のレベルよりも上で、気がつけば、日本語で長く話していたり!

彼女とのセッションは、とにかく雑談。お互いの文法の間違いを直すこともしないため、時に、役に立っているのかな〜と思いますが、逆にリラックスして会話を楽しめるパートナーです。

 

アントニオさん:

私の父より少し上の世代で、Don Antonioって感じの優しくて気さくなスペイン人のおじいさんです。彼も、ロンドンに長く住んでいます。

息子さんが日本人女性と結婚し、東京に暮らしているそうで、孫が2人います。孫と日本語で話したいという思いで、一生懸命日本語を勉強している彼、立派です!

すでに退職をして、毎日、長時間日本語を勉強しているとのこと。漢字の勉強も必死でしています。彼は、なんと、毎日1時間日本人とスカイプで話しているそうで、10人ぐらいのパートナーがいるそうです。

やる気になれば、60歳を過ぎても新しい言語を学べるんですね、見習うところがたくさんあります。

 

モニカさん:

メキシコ出身で、現在、オランダ人の彼とオランダで暮らしています。アントニオさんはスペインのスペイン語を教えてくれますが、彼女はメキシコのスペイン語。私の主人のペルーのスペイン語とも、発音や言い回しが違ったりして、面白いです。ちなみに、中南米で使う言い回しをアントニオさんに言うと、「それはスペインでは使わない」を厳しく指摘されます!

初回のセッションで、いきなり、「ご飯にかけて」というふりかけを見せられ、「何だかわからなかったけど、買ってみた。おいしかった」「でも、ご飯にかけて、はどんな意味ですか」と聞いてきました。

 

スカイプでランゲージ・エクスチェンジを有効活用するために。実際の経験で感じたこと

ずばり、雑談だけではダメだと思います。たとえば、時間を30分、1時間とはっきりと区切り、その中でも、前半は、こちらの学んでいる言語、私の場合スペイン語、後半は、相手の学んでいる言語、私のパートナーの場合日本語、とさらに区切りをつけたほうが、身のある時間を過ごせると思います。

また、相手にスカイプのテキストチャット部分に、文章や単語を書いてもらうようにしています。

以下は、先日のアントニオさんとの会話テキスト部分。彼は、いつも、丁寧に私の言ったことを訂正してくれたり、彼の言ったことをテキストとして残してくれます。

スカイプのテキスト部分
スカイプのテキスト部分

あとで、このテキスト部分をコピペしてファイルに保存しメモを残すと、学習の記録にもなりますし、復習もできます。また積極的に、「これを教えて欲しい、来週はこんな話をしたい、間違いを直して欲しい」など、自分の希望を伝えることです。そうしないと、毎回同じことだけを話して終わる、ということになりかねません。実は、バレンティナさんとは、そんな感じになってしまっています。

また、こちらの希望を伝えるだけではなく、相手にも、どんなことを学びたいか聞いてあげると喜ばれます。つまりは、セッションの時間を二人でお互いに協力しあって、有効に活用しようという努力が必要なわけです。

初回のセッションに関しては、私の大好きなBennyさん(http://www.fluentin3months.com/)も勧めていますが、簡単な自己紹介(名前、職業、どこに何年住んでいるか、何が好きか、どうしてその言語を学びたいかなど)をあらかじめ文章にして用意しておくとよいです。

だって、初対面の場合、どこに住んでいますか、どこの国出身ですか?という質問が交わされますよね、普通。

あらかじめ用意をしておくと、パニックの状態にならずに非常に助かります。初回のセッションは、それでもかなり緊張するものですからね。

私の場合、「自己紹介を言うので聞いてください、あとで間違いを訂正してください」と最初に試しました。これを3人のパートナーと繰り返したわけですので、スペイン語に話す人に初めて会っても、簡単な自己紹介はできるようになったと思います。

なお、気が合えば、さらにはお互いの時間もあえば、インターネットとはいえ、長くつきあえるパートナー・友人となる可能性もあると思います。

モニカさんの場合、ランゲージ・エクスチェンジで今の彼と4年前に知り合ったそうで、スカイプで話をしているうちに、オランダまで来てしまったそうです!

ははは、面白いですね、今の時代は。

でも、実は、私たち夫婦も、主人が日本に留学している時にアルバイトでスペイン語を教えていて、その教室で知り合ったのでした!へへへ。

みなさんも、外国語学習、英語学習をされているなら、ぜひランゲージ・エクスチェンジに挑戦してみてください。高い教材を買うより有効な手段だと思います。

 

 

 

 


2 Comments

  1. ともこ said:

    へえ〜のりちゃんは旦那さんのスペイン語の先生だったんだね〜(*^^*)。ほんと、ネットは便利な時代になったね。スペイン語、どんどん上達してる感じだね✨私はまた英語頑張るわ〜。

    28/02/2015
    Reply
    • hellosunshine hellosunshine said:

      いやー、なかなか上達してないんですよ、これが。でもあきらめないでがんばります!

      09/03/2015
      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です