北アイルランド紛争を描いた映画’71を観た

先日、ベルファストの映画館QFTで、北アイルランド紛争真っ只中のベルファストを描いた映画 ’71を観てきました。

まずはトレーラー(予告編)をどうぞ。

はっきりいって、めちゃくちゃオススメです。

久しぶりに、手に汗握り、え、え、えー!!!みたいな展開で、興奮しながら観ました。

なんといっても、私の住んでいるベルファストを描いた映画ですから、観ないわけにはいきません。

過去に多くの北アイルランド紛争である「Troubles」を描いた作品がありますが、私の中では、断然この映画がNo.1になりました。色んな意味で、よくできた映画に仕上がっています。

簡単なあらすじ

イングランド人の主人公が、軍隊の一員としてベルファストに派遣されます。

当時一番紛争が激しかったベルファストのあるカソリック地区へ、パトロールに行ったところ、暴動が発生。他の軍隊の仲間に運悪く置き去りにされてしまい、さあ、これからどうやって、このカソリック地区(当時、このエリアでは、イギリス軍隊・兵士は敵視されていました)から逃げ出すか、という、ものすごい過酷な逃走劇が始まります・・・・

これ以上は書きません、絶対観てください!

さて、ベルファストに長く住んでいる私たち夫婦も、見終わってから、「ベルファストってこんなに恐ろしいところだったのね・・・」と、愕然。

同時に、紛争を乗り越えて、平和に向けて、いい意味で大きく発展を続けてるベルファストが、素晴らしい!と思えたのでした。

最後に、映画の中のシーンで、Divis flatsというアパートが出てきます。

ほとんどの建物がすでに壊され、今はなく、ただ、Divis Towerというとっても見た目がUglyな高いビルだけが、今も残っているのですが、ちょっとその歴史に興味があったので、調べてみたら、以下のドキュメンタリーを見つけました。

こちらも興味もある方はぜひ。


2 Comments

  1. Adzsa said:

    日本で公開されたら映画館に観に行きたいと思います!

    25/10/2014
    Reply
    • hellosunshine hellosunshine said:

      はい、ぜひ!日本で早く上映されるといいですね。

      27/10/2014
      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です