タイカービングって何?広島・鳥取で教室を主催するお友達の紹介

carving3

すごいでしょう、この写真。実は、これがタイカービングと言われるものです。carvingカービングは彫刻のこと。そこにタイ(国)がつくと・・・

Wikipediaより

発祥はタイのスコータイ王朝の時代の儀式で、果物に装飾的な彫刻を施したのが始まりといわれている。タイ・カービングという言い方があるほどタイでは伝統的な文化の一つで、在京タイ王国大使館のサイトでもタイ・カルチャーのひとつとして紹介されている。

彫る素材も様々で、ソープカービング(石鹸)、フルーツカービング(果物)、ベジタブルカービング(野菜)、キャンドルカービング(ろうそく)と奥が深い芸術です。

さて、このタイカービングの魅力にはまり、技術を磨くべく精進した結果、なんとタイカービングの教室を主宰するまでになってしまったお友達を紹介します。

お名前は、Iyoさん。このブログにも「お気に入り」としてリンクを貼ってありますが、教室Salon De Lazos「サロン・デ・ラソス」を主宰しています。

Salon De Lazos「サロン・デ・ラソス」ホームページ http://lazos1307.jimdo.com/

Iyoさんとは、もう長い付き合いですが、実は、実際にお会いしたことは10回未満ではないでしょうか。不思議な縁で知り合い、ラテン文化好きなところから、意気投合。会えなくとも、facebookなどでお互いの近況を報告し合う仲であります。

彼女のポジティブに生きる姿勢・オーラはものすごいものがあります。とにかく、人を惹きつけ、周りの人間もポジティブオーラで包み込む、ような人です。

さて、そんなタイカービングアーティストであり、教室Salon De Lazos「サロン・デ・ラソス」主宰者のIyoさんにインタビューをしました。

①簡単な自己紹介をお願いします。

  広島・鳥取でタイカービング教室を主宰しています。物作りと旅行が大好きで、旅行やカービングを通して、みなさんがハッピーになれる情報を発信していきたいです。

②カービングを始めたきっかけと、今のレベルにまで極めようと思った理由を教えて下さい。

  2007年に、メキシコの大学でカービングを教えている日本人の先生作品を見て、フルーツという食材に華やかな彫刻が施されていることに感動し、自分も彫ってみたいと思いました。その当時はまだ知名度も低く、カービングをしている人も少なかったので、カービングの世界を広め、カービングの作品は誰でも作ることができることを感じてもらい、日常の中に潤いと感動を与えたいと思いました。

③教室・ホームページの名前の由来を教えて下さい。ラソスって?

  「Lazos」(ラソス)スペイン語で「縁・絆・人との繋がり」という意味。人は色々な縁が繋がって、人生をよりよく楽しく生きていくことができ、自分も成長していける。一つ一つの縁を大切に、カービングを通して、自分だけではなく皆がハッピーになれるようブログや教室を通して発信していきたいです。

 ④カービングを始めて、印象に残った自分の作品とその作品にまつわるストーリーを教えて下さい。

   カービング教室を始めて5年目の節目に、もっとカービングを通して感動を与えられ情報を発信していけるように、2013年7月1日にカービングサロンを立ち上げようと思い、彫った作品です。父が丹精込めて育てたスイカに彫りました。ブログ名「Lazos」を刻みました。

carving2 

⑤今後の活動予定と目標がありますか?

   広島と鳥取でのカービング定期教室

   作品展開催(2014広島&鳥取)

   【目標】カービングナイフ1本持ち、色々な国を旅しながらフルーツ&ソープを彫る。

⑥カービングをしていない時は何をしていますか。

   読書したり、パン作り。カフェ巡り。

⑦好きな言葉・人生の教訓があったら教えて下さい。

   好きな言葉「ありがとう」

   人生の教訓「無駄な時間は何一つ無い」「乗り越えられない試練は無い」

⑧ブログを読んでくれている人へのメッセージをお願いします。

   感動出来る作品を届けられるよう頑張ります。   

 

以上になります。

タイカービングアーティストのIyoさんに直接連絡を取りたいという場合、日本海外問わず、こちらが連絡先になります。

coco-iyo@hotmail.co.jp

カービングナイフ1本で世界を歩き渡る・・・なんて素敵な夢じゃないですか。その際には、ぜひイギリス・ベルファストに来てください。ここで展示会をしましょうよ、ワークショップもしましょうよ。私、手伝います!

こうやって、手に技術がある、特に芸術系の才能がある人が羨ましいですね。彼女は他にも、華道遠州師範も取得しているし、なんとサルサダンスがとっても上手なんですよ。こんなスーパーキャリアウーマン、なかなかいません。

Iyoさん、インタビューに答えてくれてありがとうございました。この記事が少しでも日本でのタイカービングの普及につながることを願って。

ブログを読んでくれたみなさん、芸術の秋、タイカービングを始めてみませんか?また、同窓会か結婚式、パーティーなどで、タイカービングのオリジナルな作品を飾ってみませんか?

carving1

(掲載している写真:3作品すべてIyoさんの作品、写真になります。)

Happy Days! Happy Carving!

 


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です