秋になりましたので

寒くなってきました。Belfastはもう秋です。アパートに住んでいるときは、年中部屋の中が暖かかったけど、さすが一軒家は冷えます。先日、夜にあまりにも寒かったので、暖房をつけてしまいました。まだ9月なのに・・・。

寒いのは苦手なのですが、秋は好きな季節です。そして、寒くなると編み物をしたくなります。去年の冬に編み始めて、放ったらかしにしていたスカーフ(マフラーね)を気合をいれて一気に完成させました。去年はなんであきちゃったんだろう。もう少しで終わりというところで、情熱を失い、そのまま放置していたのです。

完成品はこちら。

Crochet Rib Stitchでスカーフ。
Crochet Rib Stitchでスカーフ。

かぎ針編みです。パターンは、英語でCrochet Rib Stitchです。けっこうしっかりした縫い目で分厚く、風を防いでくれそうです。

スカーフを完成して調子が出たのか、こちらも一気にかぎ針編みで編みました。

Traditional Afghan Squareで椅子のカバー。
Traditional Afghan Squareで椅子のカバー。

去年、かぎ針のグラニースクエアでブランケットを編んでいました(過去の記事)が、その余りの毛糸を使って、Stool(スツール)カバーを編みました。英語のパターン名は、Traditional Afghan Squareです。一番中央から編み始め、正方形にだんだん大きく広がって編んでいく、というパターンになります。

いろいろな色がありすぎて変かな、とも思ったのですが、深緑のソファとスツールに合っているようです。また去年編んだブランケットをソファに掛けているのですが、それともマッチしていて、部屋全体的に良い感じのデコレーションとなりました。

なかなかいい感じ。かぎ針編みです。
なかなかいい感じ。かぎ針編みです。

さて、次はなにを編もうかな。難しい作品にはあまり挑戦しないので、編み物の腕が上達しないんだと思いますが、プレゼント用にまたスカーフを編もうかと思い、毛糸を物色中です。

毛糸を物色しているときの幸せ感は、ソーイングで使う布を物色しているときの感じと同じです。いろいろな毛糸を見ているだけで、幸せになれます。そして毛糸を購入するには、やっぱりオンラインの毛糸ショップDeramoresがお薦めです。


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です