ロンドンフラット探し – Clapham Southに決めた理由

ロンドンの住宅事情は、本当に厳しいです。

年々家賃や家の価格が上がっているそう。結婚していて、家やフラットを購入しても、空き部屋を他人に貸してローンの支払いの足しにする、という話、よくある話です。

私は、ベルファストに生活しながら、ロンドンのフラットを探していたため、本当にフラット探しは難航しました。

いいな、と思う物件も、実際にすぐ見に行けないからです。

大家さんに連絡をとると、「じゃあ明日の晩に見に来てくださいね」なんて言われることがほとんど。

週末にviewing(フラット見学のことをviewingと言います。)を受け付けてくれるところを7件予約し、2月のある週末、夫とロンドンへ行ったのでした。

私にもフラットを探す上で条件がありました。

  • 地下鉄の乗り換えなし、または1回の乗り換えまでで、職場へ行けるところ。
  • Zone 1か2。
  • フラットメイトは、私を含めて3人まで。
  • できたら、リビングルームのシェアが可能。(中には、キッチン、ベッドルーム、トイレ、シャワーだけ利用可能で、リビングルームがないフラットがたくさんありました。)
  • wifi利用可能。
  • そして、コレが一番大切。私は結婚していて、ベルファストに残る夫が、ロンドンに週末遊びに来て滞在することを、快く思ってくれる大家さんとフラットメイト。

中には、男性禁止、カップル禁止など、いろいろな条件があります。

嘘をついて、言葉は悪いですが、恋人を連れ込む感じで、勝手に夫が来て滞在すればいい、と思うかもしれませんが、私のモットーは、何でも正直に。

そして他人と住むわけですから、お互いにきちんとどういう人が泊まりに来るのか、明確にしておいたほうが、お互い気持ちがいいはずです。

さて、これらすべての条件を満たすところは、本当に少なく、そのため、大変でした。

結局、第一希望のフラットには、断られ、(フラット探しも競争率が高く、自分が気に入った場所でも、大家さんやフラットメイトに断られることもあるんですね。)第二希望のClapham Southのフラットに落ち着いたわけです。

このClapham Southのフラット、大家さんが、私の旦那が来ても構わないと言ってくれていました。そのためだけに、ここに決めたようなものです。

Screenshot 2014-02-09 15.13.17

Zoneとしては、ギリギリ2。職場へは、乗り換えなしで行けます。フラットメイトは、大家さんのみ。つまり、私と大家さんの2人だけ。

とりあえずは、しばらくここで、慣れるまで頑張ってみようと思っています。

でも、職場近くのフラット、いつか見つけるぞ!

Happy Days!

 

 


2 Comments

  1. ともこ said:

    ほんと、ロンドンでのフラット探しは大変だよね。一部屋でベルファストのフラット同じか、それ以上だもんね。私も昔、ロンドンでえらい目に合った。今では笑い話☻

    11/02/2014
    Reply
    • hellosunshine hellosunshine said:

      すごい高いですよね。でも、仕方ありません。もう若くないので、すっごい安くて遠くて、大勢とシェアなんてのも無理だしね。お金で快適さを買うってことですね。

      11/02/2014
      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です