読書の秋

秋は好きな季節です。日本にいたときは、春が一番好きだったけど、ベルファストだと秋が好きです。もちろん、暗くて寒い冬は来てほしくないのだけど。

秋といえば読書の秋です。少し前に、チャリティショップで中古の本を買ったことを書きました。その記事はこちらから。あの2冊はだいぶ前に読み終え、今は、The Helpという本を読んでいます。

読書の秋、The Helpを読んでいます。
読書の秋、The Helpを読んでいます。

映画にもなりましたね、この話。エマ・ストーンが出ていて、映画はとても感動しました。映画を見てから、原作を読むのはあまり好きではないのですが(先に原作を読んでいたいタイプ)、友人の薦めで読むことに。本は、またOxfamのBook Shopで購入しました。同時に、A Long Way Downも購入していましが、こちらは先週読み終えました。

これも映画になっていますが、映画の方は見ていません。私は正直あまり内容を楽しめませんでした。作者のNick HornbyはAbout a boyを書いた人で、イギリスでは人気の作家だと思います。About a boyの本も映画も私は好きだったので、期待していた分、ちょっとがっかりでした。登場人物の考えや生き方に共感できませんでした。

The Helpは読み始めたばかりですが、読み応えがありそうです。最近、BBCのドキュメンタリーで、アメリカやイギリスの人種差別に関する番組を3本ほど見たばかりだったので、非常に興味深く読めそうです。

以下、Amazon Japan から抜粋です。

1960年代のアメリカ南部。大学から故郷に戻った作家志望のスキーターは、“ヘルプ”と呼ばれる黒人メイドを差別する白人上流社会に疑問を抱き、メイドのエイビリーンに取材を申し込む。初めは頑なに断るが、親友のメイド、ミニーを巡るある事件をきっかけに、重い口を開きはじめるエイビリーン。社会からの報復を恐れながらもスキーターの執筆に協力する彼女たちの“心の声”は、やがて一冊の本となり世の中に驚くべき変革をもたらすことに―。

みなさんも読書の秋を楽しんでください。


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です