問題多し、Belfast自転車レンタルサービス

ベルファストは自転車の街になれるか」というブログ記事を先月4月に書きました。4月26日にスタートしたこの公衆自転車レンタルサービス、Belfast Bikes

なかなか好調のようで晴れた日のシティセンターを歩いていると、利用者をよく見かけます。年間使用料は20ポンド。最初の30分は無料で、30分を過ぎると超過料金がかかります。

ベルファストの中心街は小さいので、自転車のステーションからステーションまでのレンタルなら、30分を超えることはまずないでしょう。なので、年間のメンバーシップの場合、本当に20ポンドだけで乗り放題という可能性が高く、非常に便利で安いとは思います。

しかし、問題があるんですねー!

実は、主人の車が故障し、この3週間車なしの生活です。最初は大学病院まで片道40分歩いて通勤し始めた主人でしたが、疲れたのか、この自転車レンタルサービスに申し込みました。

申し込みはホームページから。英語ですがここまでは簡単です。

フラットの近くに自転車ステーションがあるので、そこからシティセンター市役所前のステーションまでを自転車通勤。約5分。残念ながら、大学病院近くにステーションがないため、そこから大学病院までは歩きます。それでも、何も問題がなければ、片道約20分少しで着くそうで、かなりの時間短縮ができるよう。

でもね、このステーションと自転車のロックシステムに問題があるらしい。

近所の自転車ステーション
近所の自転車ステーション
自転車ステーションにあるレンタル機
自転車ステーションにあるレンタル機

たとえば、上の写真にあるように、ステーションにある機械でレンタルを開始することもできます。ATM機のようですね、自転車の番号を入力する必要があるそうです。

主人はスマホに専用アプリを導入。そのアプリ上で、借りたい自転車の番号を入力し、レンタル開始。すると、自動的に自転車のロックが解除され、自転車を動かすことができます。

自転車レンタルサービスの自転車番号。各自転車ごとに番号がついています。
自転車レンタルサービスの自転車番号。各自転車ごとに番号がついています。

ところが、このロックが解除されない場合があるのです。しかし、アプリ上では、レンタルが開始されていることになっており、自転車1台レンタル中と表示されます。

こうなるとカスタマーサービスに電話をかけ、センターのコンピューターシステムでロックを解除してもらう必要があるのです。

面倒ですね、これ。こういうエラーが発生すると。しかも、観光客で英語が苦手だと、カスタマーサービスに電話するのも大変ですよ。

しかも逆もあるそうで、目的地のステーションに到着し、自転車をロックしたものの(戻したものの)、アプリを見ると、まだレンタル中のままになっているというパターンも。

主人は上記の両方のエラーを経験し、カスタマーサービスに電話をして解決してもらうのに毎回10分ほどかかりました。こうなると自転車を手軽に借りられる、という手軽さに欠けてきます。

さらには、こういうエラーも。朝早くフラットの一番近くのステーションで自転車をレンタルしたかったけど、案の定ロック解除のエラー発生。そこで、カスタマーサービスに電話をした。それでも該当の自転車ロックが出来ず、「それでは、その自転車に問題があるようなので2台目を解除します」、と言われたものの、その2台目もダメ。

結局そのステーションにあった全車ともロック解除不可能のシステムエラー。とほほ、ですね。全滅状態。最終的には、「すみませんけど、他のステーションに行ってください」と言われる始末!

なんてお粗末なサービスでしょうか。

ということで、システムがダウンしたり、ロックが解除できないというエラーがあったりと、問題が多いようです。

主人の場合、この2週間でエラー4回、カスタマーサービスへの電話も4回。もう少し安定してほしいですが、それでも、車が修理されるまでは引き続きサービスを利用するそうです。

うちの旦那ちゃんと自転車
うちの旦那ちゃんと自転車

関連記事1

関連記事2


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です