British AirwaysのキャンペーンがViralな理由

昨朝、フリーペーパーを読んでいて、こんな広告を発見。BA1

なになに・・・・毎15分ごとに、Barbados(カリブの島)への往復チケットが2枚当たる!?

この週末で最後・・・Victoria駅でやってます・・・という内容。

興味があったので、調べてみたら、本当に面白い企画のよう。ビデオをまずは見てください。

たまたま、昨晩は、夫がGatwick空港からVictoria駅に、Gatwick Expressで到着する予定だったので、実際に様子を見てきました。

ゲームの参加には、登録手続きをする必要がありますが、その登録に長蛇の列。私は、見てるだけだったけど、Barbadosへのチケットがもらえるチャンスなら、待つ価値あったかも。

BAキャンペーンの様子、登録中の男性
BAキャンペーンの様子、登録中の男性

登録後自分の番を待って、ゲーム開始。ゲームの時間は、2分弱でしょうか。

自分がパイロットになって、飛行機を操縦するわけですが、スピードではなくて、正確性・順応性をテストして、その度合が15分のセッションの中で、一番高かった人にチケットが当たります。

カリブ海に行けるチャンス、ということでみんな必死
カリブ海に行けるチャンス、ということでみんな必死

スクリーンに、順位はすぐに反映されていき、残り10秒でみんなでカウントダウン。

夫を待っている間、3人の勝者を目のあたりにしました。45分も見てたんだったら、参加したらよかったかな・・・

Gatwick Expressの発着地のVictoria駅で、こんなに大規模に、こんなクールなキャンペーンをやってのけるなんて・・・

Victoria駅って、地下鉄の駅も含めて、いつでも大混雑なんです。

いつもは、早足で駆け抜けていく人たちが、思わず立ち止まって、見入って、「やってみよう」と思わせてしまうこの企画力と内容。

そして、みんなで、勝者を祝って、自然に拍手が起きたり・・・。

マーケティングに関わる仕事をさせてもらっているだけに、背後にある予算の規模だったり、準備だったり、ソーシャルマーケティングとゲーミフィケーションを絡めて、このレベルまでをやってしまう、すごいことだと思いました。

夫が到着して、明日、やりに行こうって誘ってみたけど、答えはNoでした。ちぇ、つまらねえ。

本日、夜の8時までやってますよ。みなさん、Victoria駅に行かれるならぜひ~。


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です