アレキパ名物Queso Helado、チーズのアイスを食す

ペルー、アレキパ旅行の続き。

ペルー料理、そしてアレキパ料理、本当においしいものばかりです。特に、お母さんSoniaが作る手料理が大好きな私。

料理ではないのですが、デザートで、アレキパ滞在中、3回も食べてしまったものがあります。

 

Queso Helado(ケソ・エラード)!

とにかく、アレキパに行けば必ず食べたいのが、Queso Helado(ケソ・エラード)。

Queso Helado(ケソ・エラード)は、アレキパで誕生し、名物になっているアイスクリーム。Queso はチーズ、Heladoはアイスクリームのこと。

 

え、チーズのアイス!?

 

最初に名前を聞いたときは、ビビリました。アレキパはチーズも有名なので、ありえるかな、と思いましたが、実は、チーズは全く入っていないのです。

ストリートでよくケソ・エラード屋さんを見かけます。

今回は、アレキパで一番賑わうマーケット、mercado San Camilo(サン・カミーロ市場)の2階にある、Doña Rosa(ロサさんのケソ・エラード専門店)を紹介します。

アレキパのケソ・エラード

 

素朴な店内。ロサおばさんが、一人で地味に手作りのケソ・エラードを売っています。大盛りで3ソルぐらいだったかなあ。

 

ケソ・エラードの作り方

  1. アイスクリームの材料を金属の大きなボウルに入れ、そのボウルを今度は木の樽に入れます。
  2. 金属ボウルと木の樽の間には、氷と水があり、金属ボウルが自然に冷えていきます。そして、さらに冷やすために、手でグルグル金属ボウルを回します。
  3. すると、クリーム状だった液体が少しずつ固まっていくのでした・・・。

San Camilo market2

ものすごく原始的!

 

気になるクリームですが、ミルク・卵・ココナッツパウダー・バニラ・練乳などが入っているとか。アイスクリームの上に、必ずシナモンパウダーをかけます。

濃厚、でもシャーベット状で、サクサクとたくさん食べられます。美味しいです、これが!

san camilo4

このDoña Rosaさん、実はけっこうな有名人らしく、新聞やテレビに取り上げられたこともあるそうです。

参考記事(ただしスペイン語の記事)

¡Qué rico su queso! Doña Rosa

 

最後に、ちょっと余談

久しぶりにアレキパへ行って、「変わったなあ」と感じたことが2つありました。

それは、大型デパートやスーパー、ショッピングセンターの進出とスターバックスとマクドナルドの進出。

4年前には、大きな屋内型複合ショッピングセンターなんてものは、全くなかったと思います。もちろん、スターバックスとマクドナルドなんてなかった!

今回、ペルーの隣国チリのスーパーマーケットとショッピングセンターが、郊外に大きな店舗を出してました。それも3つほど。駐車場も店内も広く、日本のイオンショッピングセンターみたいな感じ。

地元の人の暮らしが便利に豊かになっていくのはいいことですが、昔からある専門店やマーケットは、そのうち姿を消していくのでしょうか。お母さんSoniaいわく、大量に仕入れる資金がある大手スーパーのほうが、マーケットで買うより安いものがあるとか。

また価格を交渉する必要がなく、すでに金額がパッケージに表示されているため、これらのスーパーでのお買い物は、ラクではあります。また見た目もきれいにラッピングされ、衛生面もよいので、安心して食品を買えると思います。

そして、世界遺産に指定されている歴史地区から少し行くと、スターバックスとマクドナルド。これには、私も夫も大ショック。でも、ほとんど外国人観光客だけが利用しているような気がするのは私だけ・・・。

寂しいような、でもどんどん経済が栄えて、人々の生活水準も上がっていくのはうれしいような。(ペルーって、民族衣装を着て歩いている人が多い、とか、発展途上国なイメージが先行しますが、南米の中で、現在、ブラジルやチリに続き、経済ブーム。決して、貧しい国ではありません!)

Doña Rosaのようなアイスクリーム屋さんは、なくならないでほしいです。

 

やばっ!ケソ・エラード、食べたくなってきた!

 


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です