Arequipaアレキパといえば・・・ミスティでしょ。

過去記事「8月15日はアレキパの日」でも簡単に紹介しましたが、夫の故郷ペルーのアレキパについて、再度紹介します。

まずは地図。ペルーは、南米にあります。首都はリマで、スペイン語圏です。

arequipa_map-620x877

エクアドル、コロンビア、ブラジル、ボリビア、チリに囲まれています。太平洋に面して、海の恩恵にあずかることのできる地域もあれば、広大な砂漠乾燥地帯、そしてアマゾン源流地帯のジャングルもあります。

ペルーといえば、有名なのは、マチュピチュ、チチカカ湖、ナスカの地上絵。実はアレキパは、ペルーの第2の大都市なんですが、これらの影に隠れて、日本の団体観光客があまり訪れないところなんです。

もちろん世界中のバックパッカーは、たくさんアレキパにやってきます。

リマから南へ飛行機で約1時間ちょっと。最近は安い航空券も見つけやすいですが、バックパッカーのみなさんや地元の人の多くは、今だにペルーの各地をバスで移動することが多いと思います。

例えば、リマーアレキパ間は約12時間ほどでしょうか。私は挑戦したことがないのですが。バスにもいろいろなランクがあり、機内食が出る高級バスもあれば、オンボロバスの会社もあるとのこと。

さて、アレキパ、白い火山岩で建てられた家々が美しい歴史地区は、世界遺産に指定されています。食べ物もアレキパならではの美味しいものが多いですし、リマより安全だと聞きます。

そして、コンドルが飛んでいる・・・・で有名な、コンドルが見られる!?コルカ渓谷へ行くには、アレキパからとなります。

でも、アレキパといえば、ミスティ!

絶対ミスティの景色なしに、アレキパは語れません!日本の富士山並みに美しい山、ミスティMistiの麓にあるのがアレキパ。

ジャーン!壮大ですな〜。

アレキパ ミスティ

ミスティは活火山で、いつ噴火してもおかしくない、らしいです。ペルーを含めて、アレキパも地震が多いところ。標高5,825m。アレキパの街自体は、標高2,350m。

他にも、6,000m級の山々、チャチャニChachani(6,075m)、ピチュピチュPichu-pichu(5,664m)にも囲まれています。

チャチャ二

これらの写真は、チリ川Rio Chiliにかかる橋から撮影しました。スマホでこっそり撮影。(こっそり撮影する理由は、スリやひったくりが多いからです。)

壮大な山々、少し残る雪の白、そして透きとおる青い空、これがアレキパです!

さてさて、高地なため高山病になる観光客が多いです。私も初日は頭痛が。というか、過去の旅でも毎回最初の何日かは頭痛が・・お酒を飲んでもすぐに酔いが回るし。なお、今回は、初日だけで、普通の頭痛薬を飲んで簡単に治せる程度でした。

高山病には悩まされなかったけど、他のことで大変な日々が待っていました・・・それについてはまた後ほど。

アレキパについて、興味をもっていただけたら嬉しいです。

続く。

Happy Days!

 


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です