アレキパの市場でお買い物、果物が安い!

ペルー、アレキパ旅行の続き。

私は海外旅行に行くと、必ず、市場・マーケット、そしてスーパーマーケットに立ち寄ります。有名な観光地を訪れるよりも、より地元の人の、普通の暮らしぶりが見えるからです。そして、面白い発見や出会いがあるものです。お土産探しにもいいですよね。

 

早起きは三文の得?アレキパの市場Rio Seco

アレキパ2日目。朝5時半に起床し、みんなでアレキパ空港近くにある、ローカルな市場、Rio Secoへ行きました。

この写真は、市場の入口、殺伐とした感じ。舗装されていないので、砂・土ぼこりがひどい・・・

arequipa market4

アレキパの中心街にある市場とは異なり、郊外にあるため、本当に地元の人しか行かないようなところ。明らかに私だけが外国人でした。

果物、野菜、魚&シーフード、肉、それぞれでエリアが異なり、一つのエリアが膨大な広さ。今回の目的は、ウニと果物。

前回の里帰りでも、このRio Secoへ来ましたが、その時には、牛の心臓を買って帰りました。ちょっと残酷な表現かもしれませんが、新鮮な心臓で、家に着いたときも、すこし動いていた記憶があります。

肉だけでなく、魚も、この市場は新鮮なものがおいてある、ということ。でも、朝早く行かないと、すぐに売り切れてしまうのだとか。

でも、新鮮とはいうものの、お店の衛生状態には疑問。ペルーに行くと、必ずお腹をこわす私は、「これは衛生的に大丈夫なんだろうか?」と思いながら、市場を見て回りました。

 

価格表記なしは当たり前、店によって値段も微妙に違う。

さて、果物屋さんは、値段を表記してあるところもありましたが、ほとんどが、表記なし。値段交渉が必要になります。お母さんは、とりあえず値段を聞いて回り、一番安いところで買う、または、無料サービスをつけてくれるところで買うとか。

スペイン語が話せない私の場合、値段交渉が当たり前のこういう市場では、お買い物は難しいです。

あまり写真を撮影しなかったのですが、なんとか果物屋さんの写真だけはゲット。紹介します。

奥に見えるみかん、1キロで2ソル。約0.50ポンドです。日本円だど、70円ぐらい。

arequipa market1

日本やイギリスでは見ることがない、珍しい果物も。

マンゴの隣にあるのは、Pepino、その横がMembrillo、という果物。

arequipa market3

イギリスに比べて非常に安いため、ついつい、「あれも食べたい、これも買う」と欲張って買いすぎました。家に帰って、早速ダイニングルームに飾ってみました。

真ん中に飾ってあるレモンに似ている果物、Lima。

リマ、といいます。夫のお気に入り。レモンみたいに酸っぱいことはなく、かと言って、甘くもない。中途半端な味なんだけど・・・食感は、はっさくに似てるような。でも、本当に、味がない。夫はそれが好きらしい。

market5

他にもいろいろ珍しい果物があったのに、写真撮り忘れたー!!!

 

 


Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です