ピリピリした職場・・ロンドンで働くって厳しい

3月下旬。

ロンドンに越してから、もうすぐ2ヶ月になります。

何度も、もう今日で仕事を辞めてやる!と思うことが多々あったけれど、結局辞めないで、踏みとどまり、逆に、まだ首にもならず、生き延びております。

ベルファストでは、本当、楽してお金をもらっていたなあ、と痛感します。

勤務中にお茶も何度も飲んでいたし。

今は、お茶する時間も惜しいし、とにかくものすごい集中力で、多くのことをやっているような気がします。

うちの会社について、入社時には見えなかったことが、少しずつ見えるようになり、結構、経営的に安定していない会社であることがわかってきました。

というのは、先週金曜、7人が突然解雇。突然ですよ。しかも、「もう明日から来なくていい」みたいな感じで。

ジョージ・クルーニーの映画、Up in the Airみたいな感じ。「今からデスク片付けてくださいね」みたいな。

今日は、私と同じチームの2人が解雇。これには、ショック。私と全く同じようなことをやっていて、私と違って結果も出していたのに・・・・

考えてみると、私はもし明日解雇されても、それはそれで、ベルファストの夫の元へ帰れるわけで・・・もちろん、ショックだとは思うけど、経済的には、あまり苦しみを伴わないと思うのです。

でも、みなさんにとっては、結婚して、子どももいて、来月のロンドンの高い家賃どうすんの!?って話ですよね・・・

案外、みんなさらっとしていて、「ま、仕方ないよね」とクールな感じだったのが印象的でした。ショックだとは思うけど。

この会社、明日は我が身、みたいな感じで、しかも常に結果を求められてプレッシャーの中で働いているから、いつも雰囲気がピリピリしています。

そのピリピリ感から開放されるので、逆に、ほっとした表情を見せながら、解雇された同僚は、去っていきました。

私は、とりあえず、自分の出来る範囲で頑張っているので、出たとこ勝負ですよね。

解雇されても、自分から辞めることにしても、精一杯やったんだったら、それでOKだと思います・・・と自分に言い聞かせて、来週もがんばろうと思うのでした。

 


2 Comments

  1. Junko said:

    き、きびしいー!!!
    いきなり解雇ですか・・・。UKは労働法が整っていて、そんなに簡単に解雇できないものと思っていました。Tempの人だったのですか?普通はPermanentの人、正当な理由なしに、さっさと解雇できないですよねぇ?警告とかして、その後、一ヶ月告知のはずだし。
    さすがロンドン・・・。こっちではない気がします。

    31/03/2014
    Reply
    • hellosunshine hellosunshine said:

      いやいや、Tempじゃなかったですよ。みなさん、1年以上勤務歴があり、中には5年働いた人もいました。必要がなくなれば、あっさりばっさり斬る・・・恐るべしです。

      31/03/2014
      Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です